米と私

marinonk2.exblog.jp

楽しいと思える毎日を送りたい、徒然日記

RAMP IN

RANP INとは…フライトを終えた飛行機が、車庫(?何て言うのかな)に帰って行くこと
だそうです。
24年前の17才だった私が、FMから流れる角松の番組で聞いたコト。
角松敏生の音楽が当時大好きでした。
彼は飛行機が好きで(CAが大好きだったとの記憶があります)
「飛行機から見る、太陽が沈む景色はとても素晴らしい」  と。

「彼女たちもそんなステキな景色を、見ていたんでしょうね。」   と。

彼がその年の11月に出したアルバムは
24年前の今日…悲しい大きな飛行機事故で亡くなった520人の方々への
追悼の思いで作った曲でした。
「T’s BALLAD」
このアルバムのジャケットの裏には、彼のこの事故の被害者の方々に向けての
想いが英語で、綴ってありました。
当時高校3年生だった私も、辞書片手に何度も読んだものです。
もちろん!当然!CDなどではなく、LPレコード…

中でもこの「RAMP IN」と言う曲は、角松の中でも一番の曲だと思います。
「彼女たち」はあの事故の最後の時まで、空で働く事が大好きだったと言ってるようでした。
そんな角松の想いが、こんなに素晴らしい曲となり
今年もまた8月12日となりました。
御巣鷹山には届いているでしようか。


[PR]
by k2ck2cmarinon | 2009-08-12 23:32 | いろいろ

楽しいと思える毎日を送りたい、徒然日記


by 鳩子